ヘアカラーからヘナに切り替え

ヘアカラーをやめてヘナ100%で染めたら、驚きの効果が!?

ヘアカラーからヘナに切り替える時って勇気がいりますよね。
自由に髪色も選べないし、黒髪を茶髪にすることだってできません。
それでもヘナを選ぶ若い女性が、最近増えています。ヘアカラーをやめて、ヘナに切り替えたほうがいい理由がいくつもあります。

ヘナ100%のオレンジブラウンで、ヘアカラーの方を染めた場合を例に、つきないヘナの魅力をご紹介いたします。

ヘアカラーからヘナに切り替える時

オレンジブラウンで染めてみました

ヘアカラーからヘナに切り替える時って、こんなことが不安になりませんか?

今までの色とだいぶ変わるんじゃないかしら…
一度染めたら、もう元の色に戻せないのかな…?
自由に髪色を選ぶことは、もうできないのかな…

残念ながら、いずれもその通りです。

ヘナは、強い化学薬品で染めるヘアカラーと違って、穏やかな植物の色素で重ねて染める染料。
染まり方で言うと、ヘアマニキュアが最も近いでしょうか。

髪色をダークにすることは出来ても、明るくブリーチすることはできません。また、黒髪と白髪を同じ色に均一に染めることもできません。
自由にコロコロと髪色を変えることはできないのが、ヘナのデメリットでもあります。

それでもヘナを必要とする人がたくさんいるのはどうしてでしょう?

それは、ヘナには素晴らしい魅力と万能のトリートメント効果が詰まっているからなんです。
自由に髪色を選べなくても、自分の肌や髪色にあう色を選ぶことができます。
ヘアカラーからヘナに切り替えて、髪が美しく生まれ変わった方の例をご紹介します。

 

チラホラ白髪をヘナで染めると、こんな風に

オレンジブラウンで染めた白髪

30代以降になると、ポツポツ生えてくる白髪。
ヘアカラーでごまかし足りしてきたけど、そろそろ強い白髪染めが必要かなあと悩みますよね。

ヘナ100%で染めると、写真のように白髪の部分が、メッシュのように濃いオレンジ色に染まります。
近くで見ると派手に見えますが、遠目に見れば、ほとんどわかりません。
これがヘナの染まり方の特徴です。

白髪でいると、白髪の部分だけキラキラしますが、ヘナで染めると黒髪に同化して目立たなくなります。
(ただし、白髪が増えてくるとオレンジが目立つので、その場合はインディゴ入りのダーク系のヘナに切り替えましょう)

 

頭皮がオレンジ色に染まっているのは!?

頭皮がオレンジ色

それは、カラーリングで頭皮が傷んでいる証拠。
ヘナをたっぷり頭皮につけて染めると、最初はこんな風にオレンジ色に染まってしまいます。

数日で自然に落ちるとはいえ、最初はちょっとびっくりしてしまいますよね。

だからといって、頭皮につけないように染めるのはもったいない!
逆に頭皮につけると、ハーブの効果で次第に頭皮が健康になり、染まりにくくなっていくんです。
頭皮が健康になっていくのは、ヘナの素晴らしい魅力の一つです。

 

カラーリングした髪は、ヘナでトーンアップ

ヘナ100%でトーンアップ

地毛の髪色が明るい方や、カラーリングされている方が、ヘナ100%で染めると、こんな風にほんのりトーンアップします。

ヘナは脱色作用がないから、髪色は明るくはならないといわれるのですが、元の髪色が明るい場合や、髪質によって例外もあります。

ヘナでトーンアップ2

この方も、ヘナのオレンジ色がベールのように重なって明るく見える例です。
特に明るい日差しの下では、髪色も明るくトーンアップして見えるようです。

 

ヘナは髪を傷めず、つやつやにトリートメント

ヘナでつやつや

ご覧ください。このツヤ!
これがヘナの素晴らしいトリートメント効果です。
まるで濡れたようなツヤと、弾力のあるハリ・コシ効果。

これがあるから、ヘナをする人は皆さんつやつやの髪美人に変身してしまうんです。
もちろん植物成分100%のやさしい成分だから、髪にも体にも安心です。

ヘアカラーの便利さに慣れている方でも、こうしたヘナの効果に魅入られ、切り替える方が増えています。

今日からあなたも、ヘナでツヤ髪美人を目指してみませんか? まずは、初めての方にもわかりやすいガイド『ヘナ入門』をご覧になってみてください。

ヘナ入門


関連記事