ニオイの悩み

4コマ漫画 第7回「ニオイの悩み」

汗ばむ季節になると、男女問わずに必要になるのが、制汗剤やデオドラントですよね。
ドラッグストアには、色とりどりの香りが溢れ、どのメーカーも強力な制汗、消臭作用で競い合っています。ずらりと並んでいるのを見ると、一体どれを選べばよいのか悩みませんか?
意外にも、市販の制汗剤やデオドラントに含まれる成分は、気をつけなければいけない危険な成分でいっぱいです。

今日のテーマは、安心なデオドラントを選ぶポイント。
悩んでいる方、季節を問わずひんぱんに使う方にも是非読んでもらいたい内容です。

第7回ニオイの悩み

深刻な人ほど絶対言えないワキガ・体臭・ニオイの悩み

目に沁みるような強烈なワキガのニオイ。普通の制汗剤では、ごまかせるのは一瞬なのでひんぱんに塗り直しています。40代女性

ニオイが気になって、人前で堂々とできません。特に相手が何気無く鼻に手をやっただけでヒヤッとします。20代男性

主人の体臭がきつく、離れているのに、いつも鼻にニオイが残ります。30代女性

娘が体質でニオイがきついようです。強いものはヒリヒリするらしく不憫です。50代女性

恐る恐るのぞくケミコ

体の悩みの中でも、特にニオイの悩みはとってもデリケート。
人に相談しにくく、親しい間柄でもなかなか指摘できる勇気は出てきませんよね。
みんな、口に出しては言わないけれど、こんな風に深刻に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

ニオイの原因は、雑菌とたんぱく質の分解臭!?

もともと、人が汗をかくのは体温調節のためですが、主に汗は2種類の汗腺から分泌されます。一つは無臭のエクリン腺と、二つ目は、たんぱく質・脂質などが少し混じったアポクリン腺。
このアポクリン腺から出る汗が、菌によってたんぱく質が分解される時にニオイが生じます。これが「ニオイの原因」です。

市販に売られている制汗剤・デオドラントメーカーが強く訴えているのは、

「毛穴をふさいで、発汗を止めること
「雑菌の増殖を抑えて、殺菌すること
強い香りでごまかすこと」

この3つの点を多くのメーカーが競い合っているのです。
悩みが深い人ほど、今すぐニオイを解消したいから、より強い成分を繰り返し使ってしまう悪循環…。

果たして、それは体にとって良いことなのでしょうか…。

使いすぎは危険!?ワキのすぐ近くにはリンパ腺

市販の制汗剤によく使われている成分に「塩化アルミニウム」という成分があります。汗腺をふさいで汗が出にくくなるために、多くの制汗剤にはこの成分が入っているのではないでしょうか。一説には発ガン性も疑われ、肌に刺激があるデメリットもあります。

また、汗は人の体温調節という重要な役目も担いますので、本来は身体中に塗っていい成分ではありません。塗って良いのは、ワキや足など一部の部分に限られ、胸や腕などに塗るのはNGとされているようです。

「銀イオン」などもよく聞きますが、これは菌を増殖させない目的で、強い殺菌成分として配合されています。
刺激も指摘される強い化学成分ですから、その強さゆえに繰り返し使うことに不安が残ります。一説には発ガン性も指摘されるほど、実は危険な成分なのです。

また、香りでごまかすために強い「合成香料」が配合されているのも心配です。
特にパウダーのスプレータイプは、肺に吸い込んでしまうのも危険性もあるから注意をしましょう。

ロールオンでヒリヒリしたら、成分を見よう

制汗剤がしみる

お客様の悩みの中でも、男女ともに耳にするのが「ヒリヒリと沁みてしまう」という悩み。
特に効果が強いと歌う商品で、ロールオンタイプが多いようです。
リンパ腺に近く、しかも女性はムダ毛の処理で傷つきやすいワキの部分。
特に悩みが深刻な方は、使う頻度が多いので、なるべく強い成分の使用は控えた方が良いですよね。

 

制汗剤・デオドラントの選ぶポイント

製品のパッケージには、良いことがたくさん書いてありますが、大切なのは安心して使い続けられること。選ぶ前には、ぜひ下記のポイントを思い出してくださいね。

  • アルミニウムフリー、無添加と書かれたものを選びましょう。
  • 銀イオンなどカタカナの化学成分がたくさん書かれていたら、要注意です。
  • 合成香料を使っているものは避けましょう。
  • なるべくシンプルで、ナチュラルな成分を選びましょう。
  • 天然のニオイ対策商品はこちらをクリック

    オーガニックコスメメーカーのグリーンノートがこの夏、新発売したのが、天然100%の新しいニオイ対策商品「エチケットDeoパウダー」です。
    天然のパウダーと、世界中から厳選された天然ハーブの精油のシンプルな素材で、汗やニオイの悩みに強力に届き、瞬時に爽やかにします。

    自然派の技術開発で生まれた不思議なパウダーは、種類が2種類。
    発売してから、exciteニュースなど、様々なメディアに取り上げられました。
    特に使う頻度が高い方、ニオイの悩みが深刻な方におすすめです。
    詳しく知りたい方は、ぜひ商品名をクリックしてみてくださいね。

    「エチケットDeoパウダー」ティトゥリーミント  >>
    「エチケットDeoパウダー」ティトリーラベンダー >>

     

    エチケットDeoパウダー2種類


    関連記事