ヘアドネーション

初めてのヘアドネーションに挑戦してみました。

こんにちは!グリーンノートのスタッフ藤原です。

先日、2年以上かけて腰辺りまで伸ばした髪の毛をバッサリ切り、医療用ウィッグを作る団体へ寄付してきました。

ヘアドネーションというのは、「髪の毛」を贈るボランティアのこと。
最終的には癌や先天性の病気と戦うことで、髪が無い子どもたちに届けられるそうです。

私がヘアドネーションを知ったのは2年も前のこと。
「髪に関わるボランティア」が何か無いかを探していた社長が、私に声をかけてくれたことがきっかけでした。

初めてのヘアドネーション。この日のために、ヘナで髪をピカピカに育て続けてきました。
今回は、その体験の一部始終をご紹介いたします。

ヘアドネーションってなに?

ヘアドネーションパンフレット

ヘアドネーションとは、髪の毛を寄付することによって、頭髪に悩みをもつ18歳以下の子ども達に、医療用ウィッグを無償で届けよう、という活動のことをさします。

日本にもたくさんの団体がありますが、今回お世話になったのは、Japan Hair Donation&Charity(通称JHDC)というNPO法人。詳しくはこちら

 

実は、ただ寄付すれば良いという訳ではありません。

寄付するための条件があります。
JHDCさんの規定では、基本的には、乾いた状態で長さが31cm以上ある髪の毛であれば良いそうです。

ヘアカラーやパーマをかけたり、白髪であっても、引っ張った時にすぐ切れてしまう位の傷みが激しい髪でなければ、問題ないそうです。

また、31㎝が大変という場合は、15cm以上から寄付できる団体もあるそうです。

団体によって規定が違うことがあるので、ドネーションする前の確認をおすすめします。

 

ヘアドネーションの寄付方法

寄付方法は2つあります。

・切った髪の毛を自分でJHDC送付する。

・ヘアドネーションの賛同美容室で切る。

私は、普段ヘナでお世話になっている賛同美容室に行くことにしました。

 

寄付の最低条件は、31cm以上!?

ヘアドネーション着る前

髪を31㎝以上伸ばすって、意外に大変でした。

長ければ結べばいいや。

単純にそう思っていたのですが、背中を越えたあたりから、本当に面倒に感じるようになってきました。

ドライヤーの時間がかかる、汗もかく。 ポニーテールにすると、意外に重い 1本落ちただけで長くて目立つので、掃除の頻度を増やさなければならない・・。

今までこんなに伸ばしたことがなかったので、日常生活において戸惑うことがたくさんありました。

最後の方は、本当に切りたくてしょうがない!早く伸びて!とお祈りしていました。

寄付する髪もヘナでピカピカに育てました!

自宅で塗るヘナ

綺麗に伸ばすための工夫として、私がしてきたことは、 やっぱり「ヘナ」!

最低でも月1回。できれば2週間に1回はしていました。

そうすると、切れ毛、枝毛を防ぐ事が出来ます。 何より綺麗な髪の毛を、子ども達に送ることが出来ます。

ヘアドネーションにはピッタリの相棒だと思います。

 

ヘアドネーションのカット方法

やっと迎えた当日。

今回お世話になったのは、ヘナでもお取り扱い頂いている東京都、清澄白河駅の「ひまわり美容室」さんです。詳しくはこちら

 

ヘアドネーションの準備

 

こんなに長かった髪を、何本かの束を作って

 

長い髪を切る瞬間

バッサリ!

 

長い髪を切る瞬間

 

2年間の苦労が報われる瞬間!

 

そして、自分でも1束切らせてもらえました。

自分で髪を切る瞬間

 

 

 最終的にはこんなにさっぱり。

 

切り終わりました

 

自分の切った髪を自分で持ってみるって、なかなか経験です。

 

切った髪の毛

 

髪をウイッグにするために1回のヘアドネーションに300円寄付されているそうです。

こんな可愛い貯金箱をご用意されていました。 

 

貯金箱

※ひまわり美容室さんでは、団体への送付はお客様自身にお願いしているそうです。

 

募金

 

ひまわり美容室の取り組み

ひまわり美容室様の取り組み

ひまわり美容室さんは、オーナーの奥様も、スタッフの女性も、ヘアドネーションで寄付されていて、意欲的に取り組まれています。

また、ご来店されるお客様も、強い告知をされているわけでもないそうなのですが、

今年でもすでに8名の方が来店されたそうです。

年々ドネーションを行う方が増えているそうですよ。

大人だけでなく、お子様が自分自身で「やりたい」という気持ちから

親子でご来店される方もいらっしゃるそうです。

きっかけとしては、

心機一転にバッサリと切りたい、自分の髪を誰かの役に立てない、などなど、

色々なお考えの方がいらっしゃるそうです。

 

ヘアドネーションのメリット

私藤原がやって良かったと思ったのは、何より、気持ち良い達成感があったこと。

「伸ばす時の苦労」なんて、髪で悩みを持つ子ども達の気持ちと比べたら、本当に本当に小さいものです。

髪を切った新しい自分に、なんだか嬉しくなりました。

単純に髪を切るのではなく、意味のあるものとして、経験をすることが出来ました。

最後に、ご協力いただいたひまわり美容室さん、ありがとうございました。

 

もし、ヘアドネーションに興味をお持ちでしたら、ぜひ下記の団体のウェブサイトをご覧になるか、ひまわり美容室さんにお尋ねになってみてくださいね。

 

切った髪の毛

NPO法人 JHD&C(ジャーダック) Japan Hair Donation & Charity
〒530-0022 大阪市北区浪花町13-38 千代田ビル北館7A
ウェブサイトはこちら

 

ひまわり美容室
〒135-0021 東京都江東区白河2-6-9
03-3641-7005
ウェブサイトはこちら

 


関連記事