ヘナのメリット・デメリット

ヘナのメリット・デメリット

ヘアカラーや白髪染めで染めるとピリピリしちゃう!髪が傷みきってもう染めたくない!
意外とそんな悩みって多くないですか?

そんな中、白髪が生え始めた若い世代にも、植物性の白髪染め『ヘナ』が注目されているようです。
化学染料を使っていないから、安心な白髪染めと言われてますよね。
でも、植物性ゆえのデメリットもあるのをご存知ですか?
ヘナは使い方も簡単なので誰にでもはじめられます。
だけど、使ってみた後に「思っていたイメージと違う」なんてことも…。
ヘナに興味がある方は、ぜひメリットだけでなく、デメリットも知っておきませんか?
その上で自分にあうかどうか、じっくり選んでくださいね。

1.ヘナのデメリットとは

ヘナのデメリット

ヘナをはじめたばかりの方も、長く続けている方も感じてしまうヘナのデメリット。

実際にお使いになっているヘナユーザーの方の本音を聞いてみましょう。

時間がかかる

「時間がかかるのよね…染め方も面倒だし…」 60代後半・女性

時間がかかるのは、忙しい現代人には大きなデメリット。
ただでさえ、毎月の白髪染めはおっくうになりがち。

ヘアカラーとは違い、植物の穏やかな力で染めるヘナは時間がかかります。面倒なのはヘアカラーも 一緒ですが、時間がかかる分、もっと面倒に感じるかもしれませんね。

好きな髪色にできない

「髪色を明るくしたいのに出来ない…」 20代・女性

「白髪だけオレンジ色が目立つ」 30代・女性

脱色してカラーリングするヘアカラー剤とは違い、植物性のヘナは、元の髪色に重なるようにして染まります。

黒髪を茶髪にしたり、白髪と黒髪を同じ色に均一に染めることが出来ないデメリットがあります。

白髪の割合によってはメッシュ状に染まることも。特にヘナ100%はオレンジ色が目立ち、抵抗感がある方も いるようです。

草の匂いがきつい

「たたみ・牧草のような匂いがする」 40代・女性

ヘアカラーのツンとする匂いとは違いますが、ヘナの独特な香りは好みが分かれ、デメリットに感じる方もい るようです。高品質で不純物が少ないヘナほど香りが穏やかだといわれていますが、それでも染めて数日くら いは香りが残ることがあるので、苦手な方は精油を混ぜるなど工夫が必要です。

その他のヘナのデメリット

「インディゴにかぶれてしまった…」 50代後半・女性

かぶれるのは、市販のヘアカラー剤ばかりではありません。植物性でやさしいといわれているヘナであっても、 植物ゆえに「草木かぶれ」を起こす場合がまれにあります。特にインディゴ(ナンバンアイ葉)という成分が、 かゆみ、かぶれを引き起こすことがあります。事前にヘナでパッチテストを行いましょう。

「すぐに色落ちする、赤紫に退色してしまう」 50代前半・女性

ヘナは染まらない、すぐに色落ちすると思われがちですが、実はそれはデメリットではなく、原因の多くは使 い方の失敗。または品質の悪いヘナや、出所の不明なヘナを使って染まらなかったりすることが多いようです。 正しい使い方をマスターすることと、売り文句に惑わされず、品質の良いヘナを見極めることが重要です。

「染めたてはゴワゴワする。脱脂力が強すぎる」 美容師

いわゆる「ヘナショック」と呼ばれ、ヘアカラーからヘナに切り替える際によく起きる現象です。 髪の傷み方が激しい方ほどゴワツキを感じられる傾向がありますが、数日すれば指通りが滑らかになります。

上記の他にも、粉から溶くのが面倒、ヘアカラーと比べて高い、品質の悪いが流通していている、などの声が 聞かれました。けれど、数あるヘナのデメリットの声の中で圧倒的に多かったお声は、ヘナは時間がかかる、 面倒というものでした。

それでも続けていらっしゃる方は、一体ヘナにどんなメリットや魅力を感じているのでしょうか?

2.ヘナのメリットとは

ヘナは時間がかかる、面倒といわれてしまう一方で、素晴らしいメリットも沢山あります。

続けらるのは、デメリットよりもメリットが大きく感じられるからでしょう。実際にお使いになった方のお声 をご紹介しながら、メリットをお伝えします。

植物性だから安心して使える

「天然100%だから、頭皮についてしまっても安心。」 40代・女性

ヘナのメリットはなんといっても、植物性で安心なことですよね。ヘアカラーのように地肌につかないように 神経質に塗る必要もありません。むしろたっぷり頭皮から塗ることで、頭皮にも良い効果があります。

将来の赤ちゃんのことや、健康を真剣に考える方には、何より安心な植物性がよいですね。

ヘアカラーのように傷まない、ピリピリしない

「ノンジアミンだから選びましたピリピリしません。」 40代・女性

ジアミンや化学染料などの化学薬品を一切使わないで染められるのも、ヘナの大きなメリットでしょう。 髪を傷める成分も入っていないから、染める負担もほぼありません。

長年ヘアカラーや白髪染めを使って大丈夫だったとしても、いきなりアレルギーが出てしまうことがあります。 最近では消費者庁でもヘアカラーのアレルギーの注意喚起が行われているようです。

トリートメント効果がすごい

「パサついてた髪が驚くほどつやつやになりました!」 30代後半・女性

何をしても乾燥してパサパサだったダメージ毛が、ヘナをするとつやつやに輝くようになった。そんなお声も 多く聞きます。単に染めるだけでなく、素晴らしいトリートメント効果があるのもヘナの素晴らしいメリット。 特に染めたての輝くようなツヤに、初めての方は驚かれます。

コシが出て、ボリュームアップする

「ヘナのおかげで、髪がふんわりします」 60代・女性

ヘナには、髪のたんぱく質をおぎなう作用があります。染めた後に感じるハリ・コシ感はそのためです。 猫毛で髪がペチャっとしてしまう。分け目が薄く目立ってしまう。加齢で髪に元気がなくなってきた… そんな方にヘナは嬉しいボリュームアップ効果を発揮します。

その他のヘナのメリット

「ヘナをした翌日は、うねりやハネがおさまっています」 20代後半・女性

ヘナには、くせ毛・うねりをまとまりやすくする効果があります。細い髪質の方はボリュームアップし、逆に 剛毛でクセ毛の方などは、まとまって落ち着くようになります。どんな髪質の悩みにも、効果的に働くのが、 ヘナの不思議なメリットです。

「毛穴の汚れをとって、頭皮環境をよくするんです」 50代・美容師

あまり知られていませんが、ヘナには毛穴のクリーニング効果もあります。頭皮に潤いやハリを与え、健康 な髪をつくる環境を整えます。髪だけでなく、頭皮にメリットがあるのも嬉しいですね。

「ヘアカラーみたいに傷みません。むしろ髪が元気になる!」 60代後半・女性

ヘナを選ぶ理由に「ヘアカラーに限界を感じて」という声が多くあがります。簡単・便利に染まるけれど、 負担のあるヘアカラー剤に比べ、ヘナは髪を傷めません。傷めないどころか、ハーブの作用で、毛根にも髪に も働きかけ、使うたびにますます髪が元気になります。

ヘナにはさまざまな魅力がありますが、一番多く聞かれたのは植物成分100%の安心な成分であること。 そして染めるだけでなく、髪がツヤツヤに元気になることを多くの方が言っています。

3.ヘナを続けた方がいい理由

ヘナをした方がいい理由

また、ヘアカラー剤を使い続けている方が、髪への負担に限界を感じ、ヘナに切り替える方が多くなりました。 髪が傷んでしまうヘアカラー剤とは違い、染める度に髪が元気になるヘナは、続けることでさらにメリットが 増します。

面倒で時間がかかっても多くの方がヘナを続けるのは、こうしたメリットがあるからなのでしょう。 いかがでしたか?ヘナを深く知る参考になりましたでしょうか? 少しでも興味が出てきたら、まずは始めてみませんか? ヘナの欠点も長点も、ぜひご自身で実感してみてみましょう。

関連記事