グリーンノートのナチュラルな生活

私たちのこだわり

梅雨時期の「髪の悩み」 正しく予防するケア方法とは?

TOP > ヘアケア > 梅雨時期の「髪の悩み」 正しく予防するケア方法とは?

ヘアケア

梅雨時期の「髪の悩み」 正しく予防するケア方法とは?

湿気が多くなる梅雨の季節。
「髪がうねったり広がる」「髪の毛のボリュームが減ってしまう」などのトラブルが起きやすくなるため、ヘアセットが決まらず憂鬱になってしまう女性も多いのではないでしょうか。

雨の多いこの時期に髪の毛が言うことを聞かなくなってしまう原因や、まとまったヘアスタイルをキープするために知っておきたいケア方法について紹介していきます。

梅雨時期に髪が広がってパサパサに見える原因

健康的な人の髪はキューティクルも整って水分量が均等だから、髪にもツヤが生まれます。けれど、ダメージヘアだとそのバランスが狂いがち。さらに湿気が多い日は、キューティクルが損傷部から 水分が入り込み膨張してしまいます。よれたりうねったりしてしまう原因は、実は髪のダメージなんです。

また、水分はあるのになぜかパサパサして見えてしまうのも、髪の水分量がバラバラで
きれいに光が反射できないから。
そうならないよう湿気対策に一番効果があるのは、髪のトリートメント。
損傷したキューティクルやダメージを受けた部分を素早く補修することが最善の対策です。

髪の膨張を防ぐケア方法は?

梅雨時期の「髪の悩み」 正しく予防するケア方法とは?

髪の膨張を防ぐためには、しっかりトリートメントをして髪の水分量をコントロールしていくことが大切なポイント。
湿気の多い雨の日は、椿オイルなどで髪をコーティングし、余分な水分が髪に入り込まないようケアを行うと良いでしょう。

髪が広がってきたと感じた場合は、ブラッシングで偏った水分を全体に行き渡らせると◎。できれば天然毛の猪毛や豚毛などの質の良いブラシを使い、全体を優しくブラッシングしましょう。ただ湿気ではなく雨などで髪が濡れている場合は、そのままブラッシングすると髪が傷んでしまうため、必ず軽く乾かしてからブラッシングを行いましょう。

また増えすぎた水分を減らすために、ドライヤーを使うのも効果的。
キューティクルを傷つけないよう、上から下に向かって優しくドライヤーを当ててくださいね。

最善の対策は、原因になっているダメージ毛をトリートメントすること。
髪の内部をしっかり補修し、水分量もタンパク質量もバランスよく整えることが効果的。トリートメントされて、キューティクルが整っていれば、髪の中の水分が逃げず、湿気により余計な水分が入り込むこともありません。

湿気により髪がペタッとしてしまう原因

湿気により髪が膨らみ広がってしまうのとは逆に、髪がペタッと寝てしまいボリュームが
ダウンするという悩みを抱える人も多いもの。このタイプは髪の量が少なく、細く柔らかい髪質の人に多くみられます。

髪がペタッとしてしまう原因は、髪の内部の水分量の増加に髪が耐えられず根元が寝てしまうため。寝てしまった髪の毛はきちんとケアを行わないとなかなか起き上がってくれないため、スタイリングがしにくいという特徴があります。

ペタンコ髪を防ぐケア方法は?

膨張してしまうタイプとは違い、油分の多いスタイリング剤や洗い流さないトリートメントなどは髪の重さを助長させてしまうため、より髪が寝てしまう原因になります。
なるべく髪を固めずにふんわり感が出せるスプレーなどを使って、根元を立ち上げながら湿気を防いでいきましょう。
また普通のシャンプーはシリコンが配合されているため、髪が皮膜の重さに負けペタンコヘアになりやすい状況を作っていることも。

髪のボリュームが気になる人は、自然由来のノンシリコンシャンプーを使ってみるのもオススメです。

スタイリングやセットがしにくい「梅雨時期の髪」ですが、キューティクルのケアを行いながら髪の水分量をコントロールしていけば、まとまった美しい髪型をキープしていくことができるもの。
自分の髪質に合ったケアを取り入れて、梅雨時期にもヘアアレンジを思いきり楽しんでいきましょう。