グリーンノートのナチュラルな生活

私たちのこだわり

なんとかしたい40代からの髪の「うねり!」 原因と対処法とは

TOP > ヘアケア > なんとかしたい40代からの髪の「うねり!」 原因と対処法とは

ヘアケア

年を重ねると、若い頃に比べて体のあちこちに変化が出てきますよね。
もちろん髪もお肌や体と同じように加齢による衰えが出てくる頃です。最近、髪のうねりが気になってきたということはありませんか?
実は髪も加齢によって衰えてしまい、毛根がゆがむことによってうねってしまうのです。
厄介な髪のうねりを改善して、ストレスのないヘアスタイルを楽しみましょう!

髪のうねりの原因とは? 加齢による避けられない老化現象

若い頃はキレイなストレートヘアだったのに対し、年齢とともにうねりが生じるのは頭皮の老化によるものです。
頭皮が衰えてたるんでくると毛穴の形も変化してしまい、ゆがんだり縮んだりします。
ゆがみのない毛穴からはまっすぐの髪が生えてきますが、ゆがんだ毛穴からはくせのついた毛が生えてきてしまうのです。

また、髪の水分と油分のバランスが悪いことも髪がうねる原因に。
水分が不足すると、うねりやすくパサついた髪になってしまうのです。
とくに意識をしていなくても、常に髪はさまざまな刺激を受けていて、とくに紫外線やドライヤーの熱がダメージを与えてしまう要因になります。

うねりと共にパサつき、指通りは最悪!

うねりだけでなく、クセが強いとチリチリした髪質になってしまうこともあるので困ってしまいますよね。
40代の頭皮は顔のお肌と同様に、次第に潤いがなくっていきます。
年を重ねることで、頭皮の皮脂分泌量がグッと減るので、髪は潤いを保てなくなってしまうのです。
皮脂量が少なくなると、髪を守るバリア機能としての効果が発揮されず、髪の表面はゴワゴワして指通りが変ってきます。
こうしてパサつきうねり髪が作られていくのです。

今すぐできる! 髪のうねり対策

1. 天然オイルで油分をプラス
頭皮ケアを重点的に行うことで、髪のうねりは改善できます。
足りない油分を補えば逃げていく水分も閉じ込めておけるので、皮脂に近い成分のホホバオイルやアルガンオイルなどを使って頭皮マッサージをしましょう。
シャンプー前にオイルを使って優しくマッサージをして、後は普通にシャンプーすればOKです。
天然オイルを使ったマッサージは、髪の潤いを守るだけでなく頭皮を柔らかく導いてくれます。
硬くなってしまった頭皮をほぐしてあげることで、ゆがんだ毛穴を改善していくこともでき、髪のうねりを防ぐことにつながります。

2. ドライヤーで根元を乾かす
ドライヤーで濡れた髪を乾かすときは、初めはクシを使わずに手のみで髪全体をざっと乾かします。
髪がだいたい乾いたら、うねる根元を荒目の櫛やブラシでまっすぐに整えながら完全に乾かしましょう。
髪の内側と外側の両方からしっかりと乾かし、ブラシを当てて最後に冷風で仕上げればOKです。

「髪は女性の命」といわれているように、美しい髪は女性を輝かせてくれます。
正しいケアを行って、年齢に負けないキレイな髪をキープしていきましょう。