グリーンノートのナチュラルな生活

私たちのこだわり

新米ママは誰もが悩む? 産後の抜け毛の原因とは

TOP > ヘアケア > 新米ママは誰もが悩む? 産後の抜け毛の原因とは

ヘアケア

新米ママは誰もが悩む? 産後の抜け毛の原因とは

妊娠、そして出産という大仕事を成し遂げたあとの女性には、休む暇もなく育児という次の仕事が待っています。
育児に家事にと奮闘する産後の慌ただしい時期に、多くの女性が経験するのが「抜け毛」の悩み。
シャンプーの最中や髪をとかした際など、あまりの抜け毛の量に驚いたという方もいるのではないでしょうか?
そこで今回は、産後の女性を悩ませる抜け毛の原因と対策方法についてご紹介いたします。

産後の抜け毛は珍しいことじゃない?

実は産後の抜け毛は決して珍しいことではありません。
「産後脱毛症」や「分娩後脱毛症」と呼ばれており、出産を経験した女性のおよそ7割が経験しているとも言われています。
多くは出産直後から産後2ヶ月くらいまでの間に抜け毛が増え始めますが、その際に髪の毛だけではなく体毛も抜けてしまうため、心配してしまう方が多いようです。

しかし、産後の抜け毛は女性の身体が出産前の身体に戻るための正常な変化です。
半年から1年程度経てば自然に収まってくるため、必要以上に悩まず、安心して体が正常に戻るのを待ちましょう。

抜け毛の原因はホルモンバランスの変化

産後の抜け毛を招く主な原因は、女性ホルモンの急激な減少です。
妊娠中は、「エストロゲン」と「プロゲステロン」という女性ホルモンの分泌量が増加します。
エストロゲンは髪の健康を保つのに大きな役割を果たすホルモンでもあるため、妊娠中は髪や体毛が濃くなる方も多いのです。

本来髪には「成長する時期」「抜ける時期」「生えるまでの休止期」の3つがあるのですが、エストロゲンの分泌量が増える妊娠中はこのサイクルが崩れ、髪が抜けにくい状態になります。

しかし、出産を終えた女性の身体は元の状態に戻るため、女性ホルモンが急激に減少し、妊娠中に抜けなかった髪が一気に抜けるようになってしまうのです。
上記のホルモンバランスの変化に育児などのストレスや睡眠不足、栄養不足が重なると、より一層抜け毛に拍車をかけてしまうため注意が必要です。

抜け毛に効果的な対策方法は?

抜け毛に効果的な対策方法は?

産後の抜け毛は正常な変化とは言ったものの、自分の髪がどんどん抜けていくのを見ていては不安に感じてしまうのも当然です。
できる限りの対策を行うことで、少しでも不安を解消してきましょう。
まずは、髪を丈夫にするカルシウムやたんぱく質、ミネラルといった栄養素を積極的に摂取することが大切です。

またストレス解消のためには、無理してすべての家事をやろうとせず、好きなことをして息抜きをする時間を作ることです。
育児の合間をぬって睡眠をとれば、不足しがちな睡眠時間を確保することにも繋がりますよ。
髪に優しく、母乳に影響を与えない天然素材のオーガニックシャンプーで髪をケアしてあげるのもお勧めです。

産後の抜け毛対策で最も大切なのは、あまり神経質になり過ぎないことです。
「みんなに起こること」と気楽に構え、徐々に抜け毛が減っていくのを待ちましょう。
ストレスで抜け毛に拍車をかけてしまわないよう、1人で頑張り過ぎずに旦那さんやご両親の力を借りることも大切ですよ。